鶴見区北寺尾の歯科医院|一般歯科・予防歯科・高齢者歯科・審美歯科・インプラント科
rss

診療理念

ごあいさつ

副院長 横山大一郎

副院長 横山大一郎

1940年初代が創業した横山歯科医院は、現院長の2代目と副院長の3代目が診療をおこなっています。

3代目は、2013年5月の歯科医院の全面改築をきっかけに、地域医療に従事いたしました。これは、地域の患者さんを、その人の人生という長いスパンで診ていきたい。患者さんお一人だけではなく、そのご家族も含めた(ご両親・パートナー・お子様にいたるまで)すべての方々の歯の健康をトータルで診ていける、地域医療をめざし、横山歯科医院にもどりました。
大学時代は、補綴科(クラウン・ブリッジ)を専門分野とするべく博士号を取得したのち、臨床・研究・教育にたずさわってきました。
補綴という分野は、無くなってしまった歯を補綴装置(詰め物・被せ物・入れ歯)で機能・審美回復していくという分野です。その治療は、歯周治療や歯の根の治療などの保存治療後に高精度・高機能な補綴処置を行います。結果として治療した歯も長く持ち、患者さんにとっての健康が持続するということです。つまり、予防処置という側面を持ち合わせています。
私が治療した患者さんの歯が、長い期間、ずっと良い状態を保てるような治療をしてきたい。
この思いで、毎日、一人の患者さんを丁寧にじっくり診ていきたいと思っております。

研究職から地元に戻った理由

地域歯科医療で取組みたいこと

医師プロフィール

院長:横山 政孝

1967年(昭和42年) 日本歯科大学卒業
東京慈恵会医科大学病院 歯科勤務
1972年 オレゴン大学 歯学部(米国)にて卒後研修コース受講
ポートランド市から名誉市民証を授与
1973年 医学博士取得
1974年 東京慈恵会医科大学病院 歯科講師
1977年(昭和52年) 横浜市鶴見区にて父の歯科医業を継承
1988~2000年 日本歯科大学高齢者歯科にて非常勤講師として指導にあたる
1993年 中国天津医科大学歯学部の顧問に着任
1994年 中国首都医科大学北京口腔医院の顧問に着任

副院長:横山 大一郎

2001年 日本歯科大学卒業
2002年 日本歯科大学大学院生命歯学研究科(歯科臨床系)入学
2006年 同 卒業(歯学博士取得)
2006年 日本歯科大学生命歯学部歯科補綴学 第2講座 助教に着任
2009年 Dental Materials Senior Advider取得
2011年 The University of Hong Kong Honorary Assistant Professorに着任
2012年 The University of Hong Kong Honorary Research Associate in the Faculty of Dentistryに着任
2013年 日本歯科大学生命歯学部歯科補綴学第2講座 非常勤講師に着任
学会活動 社団法人日本補綴歯科学会 東京支部 第16回学術大会優秀発表